新型コロナウイルスのワクチン接種をスマートフォンで証明できる政府の「接種証明書アプリ」の運用が20日、始まりました。

 デジタル庁が開発した接種証明書アプリは20日からダウンロードできるようになりました。

 スマホでマイナンバーカードを読み取り、自分がワクチンを接種した市区町村を選ぶと接種証明書の発行が可能となります。

 ただ、接種記録システムでは今月16日時点でおよそ1億件のデータのうち、接種日やワクチンの種類など10万件に誤りがあり、自治体が修正を急いでいます。

 政府のワクチン・検査パッケージでは、緊急事態宣言でも2回の接種済みが証明できれば5人以上の会食が許可され、イベントの人数制限もなくなりますが、登録に必要なマイナンバーカードの普及率はおよそ4割にとどまっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事
未分類
【日経平均-今日はどう動く?】日経平均は「W底」から反発する? 週末のアメリカ市場は3指数ともに上昇し、底堅い動きとなった。日経平均もこれを受け小幅に上昇している。今後の展開をチャート分析で予想する。
この動画では、日経225先物、CFD、日経平均に連動、逆連動するETFなど、日経平均がらみの金融商品についての投資チャンスを探ります。 この...